ouchimark

子供と一緒にシンプルライフ。心地よい暮らしを目指しています。

指しゃぶりの末路

息子、保育園に入園してから指しゃぶりが始まりました。

手持ちぶさたな時、眠い時などは必ずお口に指が・・・


歯科検診の際に、
「歯並びの為にはそろそろやめた方がいいね。」
と言われたこともあり、

「2歳になったらやめようね。」と2歳になる2ヶ月ほど前から声をかけ始めました。
いきなりやめるのは無理だろうと思い、

「絵本読むときはやめようね。」
「しまじろう見るときはやめようね。」

等、少しずつ減らしていき、誕生日の1ヶ月前には寝る時以外は指しゃぶりをしなくなりました。

なかなか順調かも!

なんて思っていた時に事件が。



 
ある朝、起きると指しゃぶりによってできた吸いダコから血が出ていました。

その時ちょうど保育園にトビヒの子が居て感染。

絆創膏も包帯も嫌がってすぐに外してしまうので処方された薬を塗ってもなかなか治らず・・・
3日ほど経った頃、脇のリンパ節が5センチほど腫れて熱が出ました。

病院に行くと、まさかの緊急入院。

そのまま9日間も入院となりました。

トビヒの菌がまわってリンパ節が腫れてしまったようなのですが、腫れ方が尋常じゃないので点滴じゃないと治らないとのことで入院でした。
まさか指しゃぶりから入院になるなんて・・・本当に驚きました。

付添い入院が出来ない病院だったので、20:00にはお別れ。
帰るときは当然ものすごく泣くので親も子もとても辛かったです。


病院の面会時間は11:00~20:00。
最初の数日は朝だけ出勤して、面会時間にフルでいられるようにしていました。
しかし、毎日朝だけの出勤というわけにもいかず、午前中働いて急いで病院へ行く日々。
こんなに疲れたことない!という程疲れました。

息子が入院した小児病棟の面会は両親のみだったので、緊急の入院ではなく病院を選ぶことができる状況ならば、祖父母も面会OKの病院のほうが、働く母としては精神的に楽だなぁと思いました。


入院騒動を経て息子も嫌になったのか、指しゃぶりはめでたく卒業!
こんな卒業になるなんて・・・子育てって何が起きるか本当にわからない。


そんなこんなで完全にブログを放置していたのですが・・・久しぶりに覗いてみたら、更新していない間も毎日一定のアクセスがあって驚いています!
見に来て下さっていた方、ありがとうございます^ ^


今後はゆるりとしたペースで続けられたら良いなと思っています^ ^