読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ouchimark

子供と一緒にシンプルライフ。心地よい暮らしを目指しています。

36平方メートルの狭い家

結婚当初に住んでいた36㎡のおうちのご紹介。
 
 
一般的な2人暮らしの部屋としては狭いのですが、私たち夫婦は快適に過ごせていました。
 
狭い部屋での家具選びで気を付けていたのは、以下の2点。
 
・色を統一する
・背が高いものは置かない
 
これだけで、ぐっと広く見えます。
大きな地震の際も、倒れたり壊れたりの心配が少ないので安心です。
 
 
 
4.5畳の寝室はオーナーさんが後付けで壁一面のクローゼットを作っていたので部屋として使える部分はおそらく3.5畳もなかったと思います。
 
入居当時はこの壁一面のクローゼット内が私の荷物でパンパンでした・・・
実家の自分の部屋からほとんど捨てることなく荷物を持ってきてしまったのです。
 
広い部屋への引っ越しだったら、モノの量に疑問を感じることもなかったはず。
狭いからこそ、多すぎるモノに疑問を感じ、徹底的にモノと向き合うことができました。
 
どんどん捨てる姿を見て、夫や両親は
「ちょっと怖い」
「モノへの愛着はないのか?」
と疑問を抱いていたようですが、不要なモノを処分することによって残したモノを大切に使えるようになったので、モノへの愛着は格段に増えました。
 
この写真を撮った後も断捨離が進み、写真に写っているテーブル、ベッド、姿見は今はもうありません。
 
倍ほどの広さの家へ引っ越しましたが、自分が管理できる量のモノだけを持つ。
ということを心がけ、物を増やしすぎないようにしています。
 
 
↓暮らしの参考にしています

にほんブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活

 

にほんブログ村テーマ
収納・片付け

 

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪

 
 
↓よかったら応援クリックお願いいたします^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村